日本語・電子版の位置づけ

line
 ル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版は、フランス編集部との契約に基いて、有志スタッフのネットワークによって制作されています。

 1998年6月に有料メール版を創刊、仏語版の20数本の記事の中から毎月10本余りの記事を邦訳して半月のタイムラグにてお届けし、1999年6月までに計12号(98年12月・99年1月は合併号)を発行しました。

 その後、持続可能な事業としての基盤を作ることを目指して有料メール版を休刊し、現在のところ無料の電子版(毎月下旬に3〜5本をメール配信&ウェブ掲載)の形式で発行を続けています。読者のみなさまからの数々の御声援に、心より感謝いたします。

よくあるご質問]へ

line
表紙ページ 本紙の位置づけ 有志スタッフ メール版・お申込 記事を読む ]