2010年7月号の内容

line
以下の仏語版の記事一覧のうち、
リンクのある記事が日本語・電子版の内容となっています。
  • 国王とエリートとタイの民衆 - Xavier Montheard 特派員
  • バンコクの階級対決 - David Carmoux(パリ政治学院・国際研究センター研究員)& Philip Golub(パリ第八大学欧州研究所・アメリカン・ユニヴァーシティ・オヴ・パリ客員教授)
      (岩波書店の「世界」誌2010年10月号が「『赤』と『黄』 タイの階級闘争」の題で掲載しています)
  • メキシコ湾原油流出と隙だらけの法制度 - Khadija Sharife(ジャーナリスト)による調査記事
  • 年金と原油流出 - Serge Halimi
  • 「道徳的資本主義」なる欺瞞 - Yvon Quiniou(哲学者)
  • 識者という名のロビイストたち - Sebastian Jones(ジャーナリスト)
  • フランデレンのポピュリスト政党 - Serge Govaert(社会政治研究情報センター、ブリュッセル)
  • 資本家層と幹部層の連盟は続く - Gerard Dumenil(経済学者、元国立学術研究センター研究部長)& Dominique Levy(経済学者、国立学術研究センター研究部長。パリ経済学院)
  • チョムスキー訪仏時の対話
  • イスラエルが挑む「3つめの脅威」 - Thomas Keenan(バード大学(ニューヨーク)比較文学助教授・人権プロジェクト主任)& Eyal Weizman(ロンドン大学ゴールドスミス校建築研究センター所長)
  • フランスの2人のトレーダー - Ibrahim Warde(フレッチャー法律外交大学院助教授、マサチューセッツ州メドフォード)
  • ジャック・アタリの財政緊縮論 - Bruno Tinel(パリ第一大学経済学助教授)
  • ロシアとイランの割り切りがたい関係 - Jacques Levesques(ケベック大学モントリオール校政治学教授)
  • CFAフラン50年の検証 - Demba Moussa Dembele(エコノミスト、在ダカール)
  • スーダンで繰り広げられるポーカーゲーム - Jerome Tubiana(独立研究者)
  • コロンビアのゴールドラッシュ - Laurence Mazure 特派員(ジャーナリスト)
  • 作家から見た自国アイルランド - Hugo Hamilton(アイルランド人作家)
  • 省エネは消費増大を引き起こす - Cedric Gossart(テレコム・マネージメント学院助教授、エヴリー)
  • 夏の音楽祭の乱立 - Jacques Denis(ジャーナリスト)
  • 書評:アジェンデ時代のサイバネティクス - Philippe Riviere
  • マンデラの神話化 - Alain Gresh

All rights reserved, 2010, Le Monde diplomatique + Saito Kagumi

line