2009年10月号の内容

line
以下の仏語版の記事一覧のうち、
リンクのある記事が日本語・電子版の内容となっています。
  • われわれの闘争 - Serge Halimi
  • 新聞報道とル・モンド・ディプロマティーク - Serge Halimi
  • 地方選を前にしたフランス左派政党 - Remy Lefevre(リヨン第二大学政治学教授)
  • 現代のグラジエーター - Maarten Van Bottenberg(ユトレヒト大学スポーツ社会学教授)& Johan Heilbron(欧州社会学センター研究員)
    • Actes de la recherche en sciences sociales 179号掲載論文の短縮版
  • デンマーク福祉国家の動揺 - Jean-Pierre Sereni 特派員(ジャーナリスト)
  • 「Gナントカ」のラストダンス - Bernard Cassen(パリ第八大学名誉教授)
      (岩波書店の「世界」誌2010年1月号が「『G』が織りなすバレエ――新たな踊り手たちの一団」の題で掲載しています)
  • サパティスタは流行遅れになったのか? - Bernard Duterme 特派員(ルーヴァン大学ラ・ヌーヴ校 三大陸センター所長、ベルギー、http://www.cetri.be
  • イエメンの危機的状況 - Pierre Bernin(研究者)
  • アメリカの新たなユダヤ系ロビー - Eric Alterman(ジャーナリスト)
  • ギニアのロシア企業 - Julien Brygo 特派員(ジャーナリスト)
  • 日本政権後退の背景 - Odaira Namihei(ジャーナリスト)
  • 中国文革
    • Solange Brand によるカラー写真と解説
  • シリーズ経済危機:鉱業都市グラッドストーン - Mathieu O'Neil 特派員(オーストリア国立大学・パリ第四大学研究員)
  • ラ・シオタの造船労働者運動の勝利 - Dominique Franceschetti(組合活動家)
  • ナノテクノロジーの頭文字はBANG - Mateo Cueva(匿名の国際公務員のペンネーム)
  • Michael Christofferson, French Intellectuals Against the Left: The Antitotalitarian Moment of the 1970s 仏訳書抜粋
  • 「サルでもわかる」支配的思考 - Gael Brustier(政治学博士)

All rights reserved, 2009, Le Monde diplomatique + Saito Kagumi

line