2000年8月号の内容

line
以下の仏語版の記事一覧のうち、
リンクのある記事が日本語・電子版の内容となっています。
  • ヒト型ポケモンを出されても・・・ - Ignacio Ramonet
  • プラグマティックなインテリ、リベラルなファシズム - Marcos 副司令官(サパティスタ民族解放戦線指導者、チアパス、メキシコ)
  • 国家外交から通商外交へ - George Ross(ハーヴァード大学ミンダ・デ・グンツバーグ・ヨーロッパ研究センター所長)
  • アメリカが決めた「ならず者国家」 - Noam Chomsky(マサチューセッツ工科大学教授、ボストン)
  • バスク過激派の孤立した武闘路線 - Cedric Gouverneur 特派員(ジャーナリスト、パリ)
  • カタール発の自由放送 - David Hirst 特派員(ジャーナリスト、ベイルート)
  • 政治利用されたオガデンの飢饉 - Sylvie Brunel(地理学者)
  • キブツの人々 - Dominique Vidal 特派員
  • 私が眠れない六つの理由 - Eduardo Galeano(ウルグアイの作家)
      (岩波書店の「世界」誌2000年11月号が「助けて下さい!ドクター。眠れないんです!」の題で掲載しています)
  • 2人のウゴ・チャベス - Gabriel Garcia Marquez(コロンビアの作家、1982年ノーベル文学賞受賞)
  • 人間動物園のあった時代 - Nicolas Bancel, Pascal Blanchard & Sandrine Lemaire(現代アフリカ歴史知識協会幹部、歴史家;順に、パリ第十一大学講師; 教授資格者、ヨーロッパ大学院博士課程、フィレンツェ; 連絡事務所「記憶を打ち立てる人々」理事長、パリ)
  • 「第三世界とは何もの」であったか - Immanuel Wallerstein(ビンガムトン大学フェルナン・ブローデル・センター所長、イェール大学客員研究員)
    • 改訳の上『力の論理を超えて ル・モンド・ディプロマティーク1998-2002』(NTT出版、2003年8月)に収録
  • 飛行機は揺れる - Bernard Cassen
  • 現代における旅を想う - Franck Michel(人類学者、雑誌「歴史と人類学」編集長)
  • 上海というショーウィンドウ - Philip Golub 特派員(ジャーナリスト、パリ第八大学ヨーロッパ研究所教員)
  • ラス・ヴェガス今昔物語 - Ibrahim Warde 特派員(カリフォルニア大学バークレー校教授)
  • 現代世界のセクトの相貌 - Denis Duclos(社会学者、国立学術研究センター主任研究員、パリ)
  • 情報社会の創世 - Armand Mattelart(パリ第八大学教授)
  • サイバー・レジスタンス幻想 - Serge Halimi
  • ハイテクが生む大衆の阿片 - Bernard Stiegler(哲学者、文筆家)
  • 現代を映し出すSF小説 - Valerio Evangelisti(イタリアのSF作家)
  • 美術に垂れ込める沈黙のとばり - Paul Virilio(哲学者、都市計画家)

All rights reserved, 2000, Le Monde diplomatique + Saito Kagumi

line